通信士入門

モールス信号はあらゆる場面で役にたつ機能です。使わないのは本当に勿体ないです。この項目ではそんなモールス信号で味方をサポートする方法について解説します。

通信士とはなんでしょうか

通信士とは、天から味方をモールスでサポートするプレイヤーのことを指します。本ゲームでは撃沈されても「観戦モード」になり、味方にモールスを送ることが可能です。

観戦モードでできる事

観戦モードでは残存している味方と敵の視点に切り替える事が可能です。当然、HPや座標なども分かります。
また、前述の通り、モールスを味方に送信することができます。
しかし、直接参戦することはできません。

味方に敵の残りHPを教える

味方に残りHPを教える程役にたつものはありません。残りHPを送ることで具体的な戦略や撃沈する順位など、今後の試合展開を有利にする手助けをすることができます。
HPは通常100=満タンとするのが普通です。

モールスで数字やプレイヤー名を打つのは時間がかかります。名前が長いプレイヤーやモールスの「0」は全てツー点なので尚更です。なので、仮に「ALEX HP30」と打電したい場合は、名前の頭文字2つと0の代わりにアルファベットの「O」を代用して「AL HP3O」と打電した方が短時間で情報を伝えられます。

  • 最終更新:2020-07-05 13:56:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード